Slide オーラボは、
良いクセで
「おぉ」を生み出す
デザインと
ビジョン創出の
研究所です。
At o-lab we craft visions and
design meaningful solutions that trigger an “oh!”
At o-lab we craft visions and design meaningful solutions that trigger an “oh!” オーラボは、
良いクセで「おぉ」を生み出す
デザインとビジョン創出の研究所です。

Crafting Visions

ビジョン&コンセプト創出

いわゆる「課題」は、問題の本質を捉えていない場合が多々あります。o-labでは与えられた課題を当然視せず、「そもそも」まで立ち返る問いを立て、時に課題を再定義することから始めます。取り組む対象に内在する歴史や強み、独自性を高解像度で抽出し、さらに事業主の意思や願望を掛け合わせることでプロジェクト固有のDNAとして言語化することも重要です。
DNAと正しく設定された課題は、感性とロジックが交差する視点と思考を基に無理なく繋ぎ合わされ、社会的文脈で揉み込まれることによりプロジェクトが目指すべき明瞭なビジョン、コンセプトとして昇華されます。このビジョンおよびコンセプトが、すべてのデザイン、ブランディング等におけるブレない軸となります。

At o-lab, we don’t take any stated issues for granted – because ultimately what needs to be tackled often lies beneath the surface. We start by questioning everything – we make no assumptions – and that can take us back to the beginning of it all. This process can sometimes redefine those initial issues. It is also important for us to perform a thorough extraction of the history, strengths and uniqueness inherent in the subject, and then hybridize those with the intentions and desires of the person or enterprise driving the project, so that we can distill the essence of the project’s unique DNA into something that can be expressed in words.
With both DNA and issues correctly defined, our next step is to integrate the two flawlessly based on our thought process in which sensitivity and logic intersect, and by bringing them together in a social context, these disparate items can be sublimated into a clear vision – clarifying what one might call the aim of the project in question. This vision thus becomes the immutable axis for all design and branding.

Design

デザイン

伝統工芸やくらしの道具から産業装置、先端医療機器まで、分野間に不要な境界線を設けない自由な発想により、鮮度と説得力に満ちたデザインを生み出します。アイデアの可視化、高度な3Dモデリング、保有する光造形式3Dプリンターによる試作・プロトタイピング等によりデザインを正しく評価した上で、生産性やサステイナビリティ、コスト等も考慮した高品質なアウトプットとして仕上げます。
デザインが貢献できない分野はないとの考えから、デザインとは無縁と考えられがちな分野にも力を入れて取り組んでおり、プロダクトデザイン・工業デザインだけでなく、グラフィックデザインやウェブデザインまで総合的に手がけています。

From traditional crafts and household items to industrial equipment and cutting-edge medical devices, we create fresh and compelling designs based on our free-spirited approach not constrained by unnecessary boundaries between categories. We visualize ideas, conduct advanced 3D modeling, and create prototypes using our in-house 3D printer to properly evaluate designs, producing high-quality output that take into account productivity, sustainability and cost.
We believe that there is no sector in which design cannot make a contribution, and so we also focus our efforts on areas that are often thought to be barely related to design. Our involvement spans not only product and industrial design, but also graphic and web design.

Branding & Direction

ブランディング&ディレクション

膨大な情報へアクセスし参照することが可能になった今日、デザインやブランディングの審美的水準は高まりましたが、同時に既視感を覚えることも多くなりました。数ある選択肢の一つとして埋没することなく「指名」されるモノやコト、ブランドとなるために、ユーザーにとって代えがたい意味のある、良いクセが魅力として溢れる独自の世界観とコミュニケーションを作り上げます。
デザインやブランディングが継続的に「おぉ」を生み出し続けられるよう、単発のプロジェクトだけでなく中長期的なクリエイティブディレクション、デザインディレクションを通じて、デザイン経営のための伴走者にもなります。

Today we can all access and reference vast amounts of information, which has raised the aesthetic standards of design and branding, but can also lead to a sense of déjà vu. In order to become a product or a brand that is “chosen” rather than being buried with a host of other options, it is important to create a unique aura as well as an approach to communicating these ideas that have irreplaceable meaning for the user.
We contribute not only through one-off projects, but also through medium- to long-term creative and design direction to sustain the positive engagement with users that only proper design and branding can offer.

クライアント|Clients

一部抜粋|Excerpt

綾 利洋|AYA, Toshihiro

o-lab inc. 代表取締役|クリエイティブディレクター

o-lab inc. President|Creative Director

京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系 特任教授

Project Professor at Faculty of Design and Architecture, Kyoto Institute of Technology

京都大学、米国Yale大学で化学修士号を取得後、バイオ医薬系企業での研究開発の傍ら夜間学校・独学などを経てロサンゼルス郊外のデザインファームに入社。シニアデザイナー兼プロジェクトマネジャーとしての職歴の後、2011年、ものごとをより良くするためのさまざまな「おぉ」を考えるデザイン研究所「o-lab」を京都にて創業。2016年o-lab inc. /オーラボ株式会社設立。分野間の不要な境界線が融解した自由な視点、感性とロジックが交差する思考により、伝統工芸から先端医療機器まで、分野を横断してデザイン、ブランディング、ディレクションを手がけている。二児の父。

Having graduated from Kyoto University with an MSc in Chemistry, Aya went on to further his studies his in Chemistry with an MSc from Yale University, USA.  Aya then moved to the suburbs of LA and began working in a research facility at a biomed corporation whilst combining night classes in design with intense periods of self study, which ultimately led to him starting work at a design studio.  Having worked his way up to become Senior Designer and Project Manager there, in 2011 he founded the design studio o-lab in Kyoto, with the aim of solving problems with that certain “oh!” factor.  In 2016 o-lab was established as a company.  At o-lab the perspectives are essentially unchained, so regardless of the field or sector, wherever sensibilities and logic intersect, o-lab are there to provide design and branding solutions as well as direction, from traditional artisanal crafts through to cutting edge medical technology.

Lectures

大阪デザインセンター ODC交流サロン 講師(2014)
京都造形芸術大学 特別講師(2016)
京都工芸繊維大学大学院 特別講師(2017)
京都リサーチパーク「クリエイティブ・テーブル」講師(2018)
京都府立陶工高等専門学校 商品企画科 講師(2019)
ジェイアール京都伊勢丹「京都マナビアイ」講師(2019)
DESIGN WEEK KYOTO クラフトソン2020 審査員・メンター(2020)
京都芸術大学 特別講師(2020)
同志社ビジネススクール ゲスト講師(2020, 2021)
大阪デザインセンター SEMBAサロン 講師(2021)

Awards

おもてなしセレクション 金賞|Omotenashi Selection Gold Award (2019)
信州ブランドアワード2019 NAGANO GOOD DESIGN 部門 大賞
グッドデザイン賞|Good Design Award (2019)
Design For Asia (DFA) Award Bronze Award (2 Projects, 2019)
Design Intelligence Award (DIA) Honorable Mention (2019)
iF Design Award (2018)
おもてなしセレクション 金賞|Omotenashi Selection Gold Award (2017)
第58回京銘竹・竹製品展示品評会「京都府知事賞」及び「京都府中小企業団体中央会会長賞(2016)
Wood Design Award (2015)
The Wonder 500™  (2015)
CREATIVE EXPO TAIWAN Cultural and Creative Award (2015)
IDEA Award Finalist (2014)
グッドデザイン賞|Good Design Award (2013)
Red Dot Design Award (at RKS Design, 2009, 2012)
IDEA Silver Award (at RKS Design, 2009, 2011)

クリエイティブパートナー|Creative Partners

たやまりこ(カリテリンク)|Mariko Taya (Qualite Link)

Photography

Duncan and Audrey Flett (ADK Translations)

Translation / Multilingual Communication

ADK Translations WebsiteEmail

会社概要|Company Information

会社名称|Company Name

o-lab inc.|オーラボ株式会社

所在地|Address

606.8423 京都府京都市左京区鹿ケ谷桜谷町42-1

42-1 Sakuradani-cho, Shishigatani

Sakyo-ku, Kyoto 606.8423, Japan

創業|Founded in

2011

設立|Company established in

2016

資本金|Capital

500万円|5 Million Yen

Phone|Office

075.585.5475

+81.75.585.5475

Phone|Mobile

080.3135.1739
+81.80.3135.1739

Email & URL

info@o-lab.jp

事業内容|Services

プロダクトデザイン (プロダクトデザイナー)
工業デザイン (工業デザイナー)
ブランディング
クリエイティブディレクション
ビジョン創出 (ビジョンメイキング)
コンセプト創出 (コンセプトメイキング)
デザインコンサルティング
ブランド戦略コンサルティング
グラフィックデザイン
ウェブデザイン
コピーライティング
3Dモデリング
レンダリング
プロトタイプ製作 (光造形式3Dプリンター「Form 3」保有)
製品開発支援

Product design

Industrial design

Branding

Creative direction

Crafting Visions

Concept development

Design consulting

Brand strategy

Graphic design

Web design

Copy writing

3D modeling

Rendering

Prototyping (3D printer “Form 3”)

Product development support

etc.